テーマ:読書

ミルトン・フリードマンの「資本主義と自由」を読む

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)日経BP社 ミルトン・フリードマン Amazonアソシエイト by 1962年に書かれたとは思えない、斬新な経済書だ。 世界の構造改革のバイブルと言われている。 今の日本を救うために必要かもしれない。 はじめの方は難しく読み進みが鈍かったが、最後の3章くらいの論理展開はス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川家光はぱっとしなかったのは本当

先日終了した大河ドラマ「江」は微妙な感じであったが、徳川幕府の始まり周辺は詳しくなかったので、 知識として増やすことが出来たのはよかった。 家光のイメージが変わった。 従来、家光は徳川幕府をかっこたるものにしたというようなイメージで、 家康>家光>秀忠 というような順にすごいのかと思っていた。 しかし、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時事ネタでも笑えて微妙にいやされる「ゆるく考える」ちきりんさん

ちきりんさんの次の本が出るそうです。 ちきりんさんは、元外資系証券会社出身の、今はフリー(無職)のブロガーさんです。 経済学者の公演(パネルディスカッション)を聞きに行ったときに、 ちきりんさんも参加していたらしく、twitterでちきりんさんをフォローしたのがきっかけで知りました。 ちきりんさんは、政治経済への洞察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大前研一 敗戦記』を読む

敗戦というのは、95年の都知事選挙(青島さん当選)とその後の参院選での敗戦だ。  http://astore.amazon.co.jp/serendipit036-22/detail/416350950X 今回は、Youtubeでのニュースや書籍で大前さんに興味が出たから読んでみた。 というのは、すごくパワーとリーダシップあふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフレの正体

1ヶ月以上ぶりの更新である。 東日本大震災以降混乱もしたが、最近は新しいプロジェクトが始まり仕事が忙しくなりました。 読書のペースが落ちてしまったが、今日は久々に読書に集中できた。 『デフレの正体』藻谷浩介(1964) http://astore.amazon.co.jp/serendipit036-22/detail/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

とりあえず私は家事と育児を頑張ることを目指します。

リスクに背を向ける日本人 (講談社現代新書)講談社 山岸 俊男 Amazonアソシエイト by 「リスクに背を向ける日本人」を読みました。 2人の社会心理学者の対談形式で、日本人のリスク回避傾向とそれを生んでいる原因について説明している。 色々知らないことも多くて勉強になりました。 たとえば、 ・よく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間は皆褒めて伸びるタイプ?

子供ができた時に読むべき本「心のなかの幸福のバケツBy ドナルド・O・クリフトン, トム・ラス」 心の中にバケツがあって、ほめる、ポジティブな発言によりバケツに水が注がれ、生産性が向上していくという。 今までは、褒めて伸びるタイプとけなして伸びるタイプといると思っていた。 けなして伸びるタイプというのは、妥協しがちな性格な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Bookレビュー「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」

さあ、才能に目覚めよう楽天ブックス 商品副データあなたの5つの強みを見出し、活かすマーカス・バッキンガム/ドナルド・O.クリフトン日本経 楽天市場 by しばらくプライベートで忙しかったので久しぶりの更新であるが、 今読み終えた本「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」に関するレビューを書いてみる。 この本では、「才…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

公会計革命

ちょっと難しいテーマですがチャレンジしてみました。 会計に関してもっと勉強してからもう一度読みたい気がします。 税金を出資と考えて、事後的な決算処理だけでなく、 予算を考えるときの意思決定として会計を使うのが公会計だそうである。 この桜内さんの新公会計理論では、国民は国家の顧客ではなく、出資者である。 会社で考えると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想どおりに不合理(行動経済学)はなかなか面白かった

普通の経済学と異なる観点で、人間は合理的にできていないし、それは予測できるという考えが行動経済学 ということで、色々と教訓があった。 教訓1:おとりに騙されるな。いいものを持つとさらに上のものが欲しくなるので注意 教訓2:不合理な需要決定。今の消費習慣のはじめを思い出して。そもそも妥当なのか。見直し必要ないのか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速読邁進中~「お金は銀行に預けるな」とかを読みました。

読書のスピードが上がったと共に、読書への興味も上がってきて、色々読んでいる。 ITスキルの本、ブログの本とか、経済の本を読んでみた。雑誌も読んだ。 「お金は銀行に預けるな」は面白い。 アンチもいるので賛否両論はあるようだが、私は勝間さんの文章は読み易く、とんとんとん!と 話が頭に入ってくるので読んでいて快感だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速読のその後~1週間で2冊読みました!

金持ち父さん貧乏父さん楽天ブックス 商品副データアメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学ロバート・T.キヨサキ/シャロン・L.レクター筑 楽天市場 by 速読を活かして本を読んでいます。 読書の秋をまさに実践しています! 1週間で2冊とまだまだですが、以前に比べればかなり 速くなった。これで興味のある本を買っても読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界一わかりやすい速読の教科書」をやってみた 効果あり!

世界一わかりやすい「速読」の教科書楽天ブックス 斉藤英治三笠書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年05月登録情報サイズ:単行本ページ 楽天市場 by 衝動買いで本を買って、読んでみました。 著者の斉藤栄治さんは速読の権威らしい。 CDがついていて、それを聞きながら本をよんでいくと、、 かなり読む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年

がついに始まった。 今年も年末年始は大分と福岡の二つのふるさとへ帰省。 3回目なので大分慣れてきた。 もう少しゆっくり帰れると良いな。と思う。 飛行機の中とかでは、機内誌をみたり寝たりしているのだが 今回は、読書をしようと思い、本を選んできた。 1つは『弁護側の証人』というミステリー小説。(小泉喜美子) 数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタバではグランデを買え!

スタバではグランデを買え!楽天ブックス 商品副データ価格と生活の経済学:2007 楽天市場 by スタバではグランデを買え!という本を買ってスタバで読みました(笑) グランデは小中大の大で、コーヒーの量はショート(小)の2倍。 しかし値段は100円しか変わらないのでお得ということです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お得意様

最近仕事がはやく終わったときにはスタバでまったりしてます。 スターバックスラテのホットのショートで決まりです。 店内マグカップで、といわれるとうれしい しかも私は何度もいっているからか、「いつもありがとうございます」とか言われるようになった・・・ さすがにここまでの人はなかなかいまい。 でもちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more