アメフトは残り5分が勝負です

今日、久々に学生フットボールをテレビで見た。
甲子園ボウル。
関学ファイターズvs日大フェニックス。

日大が劣勢だったが、DFががんばっていたので最後に逆転しないかと思ってみていた。


結果は関学の勝利で逆転はならず。

多分順当。平凡といえば平凡の結果。

長い間アメフトの観戦をするのはかなり久しぶりであったので思い出したが、
私は、他のスポーツを見るときと異なり、アメフトの場合は結構差がついていても、
残り5分で逆転しそうな気がするのです。
他のスポーツではついついマイナス思考になってしまいます。(途中で負けていたら、このまま負けそうだ、と。)

今まで、そういう奇跡の大逆転の試合を何度も見てきました。

・・・前提条件があるとおもってて、
QBがしっかりしていること(テンパってないこと)とか、
パスがある程度できること、2minオフェンスが出来ること、等、
つまり、基礎が出来ているチームである必要がある。

NFLなど、ある程度のレベルのチーム同士になると、本当に最後の5分で試合は決まるようなもんだなーとおもう。
最後の5分をうまく遂行できた方が勝つ。つまり、そういうQBがいるほうが勝ちやすい。
まるで、最後の5分まではウォーミングアップのようにもおもえる。
そんな感じで観戦します。

もちろん、本人たちは超本気でやっているのですが、外から見て最後の5分が超濃く見えるのです。

アメフトは陣取りゲーム、時間取りゲームです。

もちろん実力が離れていたら大差がついているので最後の5分は消化気味になってしまいますが、
NFLなどの強豪同士の試合になると、ほんと最後の5分勝負であり面白い。

アメフトの試合は奥が深くて楽しいものです。

"アメフトは残り5分が勝負です" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント