格安航空会社(LCC)の考察


先日、ANAが参入すると発表があった格安航空会社(LCC)ですが、
徹底したコストカットは行うものの安全性については問題ないようですね。

大阪まで5000円とかでいけたら良さそう。

理由は、使用する飛行機は一種類だけにすることで、訓練費などが安くなる。
→パイロットの資格は機種ごとに取得する必要があるので、訓練費は安く収まり、整備費も節約できるのです。

安全面では、各国の航空当局から大手と同じ安全基準を課せられており、手を抜くことはないのです。


LCCは、「ビジネスモデルが従来の航空会社とは根本的に違う」ことから、“空飛ぶバス会社”とも呼ばれています。
「高速バス感覚で」飛行機にのるということでしょう。

私が購読しているブログでは、ニュースを引用し以下のような価格を下げれる理由が説明されていました。
・大手は上級顧客の都合に合わせているので、1機あたり1日12~14時間しか飛ばないが、LCCの場合は
 乗客を降ろして60~70分で飛び立ち、1日17時間飛ぶ等回転率を上げる。
・人件費を抑えるため、客室乗務員が機内清掃や搭乗前の案内を行うなど一人で複数の仕事をこなす。
・マイレージも非対応など、付帯サービスを削減


日航も「参入を検討している」とのことですが、文化もビジネスモデルも違う、日本の大手が従来の経営手法の延長で参入しても厳しいのではと、警告されています。


http://mileup.blog47.fc2.com/blog-entry-1550.html


格安航空会社の選びかた
楽天ブックス
商品副データ趣味の教科書チャーリー・古庄エイ出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年


楽天市場 by 格安航空会社の選びかた の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"格安航空会社(LCC)の考察" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント