徳川家光はぱっとしなかったのは本当

先日終了した大河ドラマ「江」は微妙な感じであったが、徳川幕府の始まり周辺は詳しくなかったので、
知識として増やすことが出来たのはよかった。

家光のイメージが変わった。

従来、家光は徳川幕府をかっこたるものにしたというようなイメージで、

家康>家光>秀忠

というような順にすごいのかと思っていた。

しかし、大河ドラマでは、弟の国松に比べ描き方がひどく、病弱でおとなしく、体力もない、ひねくれている、といった感じだった。

今回の大河ドラマは脚色が強いと聞いていたので、あまり信じてはいなかったが、本で調べたら、
どうやら本当らしかった。

本で調べた感じだと、

家康>秀忠>家光

が正しそうだ。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック