大前さん『日本復興計画』と竹中さん『日本経済こうすれば復興する!』を読む

以下の本を読んだのでメモしておく。

1.大前研一『日本復興計画』
 http://astore.amazon.co.jp/serendipit036-22/detail/4163742204

2.竹中平蔵『日本経済こうすれば復興する!』
 http://astore.amazon.co.jp/serendipit036-22/detail/4776206641

------------------------------
1.大前研一『日本復興計画』
------------------------------
大震災の数日後のYoutubeでの分析がインタネット上で広まり話題となったことから、この本の話が生まれたらしい。特にMITで原子力を学んだ元原子炉技術者としての分析、推理が的確で、現在の状況はほぼ推測されていた。
大切なのはメルトダウンかどうかではなく実害と対処方法だということを感じる。
復興に関しては、この人は消費税上げてもいいのではないかという考えのようだ。日本人の協力性を推測してのことだろうか。しかしこればっかりは賛否両論ある。
最後の章で提言として、地域主権(道州制)と各家庭がメンタリティを変え稼ぐ=自己投資し成長していく事が必要だと説く。

大前氏は印税を一切放棄、売上げの12%は被災地救援に寄付されるとのことで、私も購入した。
また、Youtubeでこの本のQAをやるという企画がある。
http://www.youtube.com/watch?v=FUmoQaAbh2Q
------------------------------
2.竹中平蔵『日本経済こうすれば復興する!』
------------------------------
震災前から考えていた筆者の経済復興への主張が説かれている。
この人は復興での増税には断固反対で、全般的に自立型の経済成長を目指している。
小泉改革路線で、小さな政府、経済成長で増税なし、デフレ解消路線だ。「まず強い経済をつくり、その後安心・安全の社会をめざそう」ということである。おそらく小泉改革がずっと続いていれば良くなっていたのに、途中でやめてしまったのが問題だったのだと推測。(麻生さんのときらしいが)
竹中さんの本を読むと希望が見えてくるところがいい。日本には技術や優秀な人材がいるから、リーダーがきちんとすれば復興・経済成長はできるという希望がよく書かれている。

・復興特需で経済成長、デフレ克服
・中期的な財政政策を立てて10年単位で実行。歳出削減が大事。
・長期的な安心・安全国家を作るためのビジョン(大きな政府or小さな政府)を出し、国民に選択させる。

良いリーダーを選んでいい方向へ進むには我々国民がリテラシーを高める必要がある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック