予想どおりに不合理(行動経済学)はなかなか面白かった


普通の経済学と異なる観点で、人間は合理的にできていないし、それは予測できるという考えが行動経済学
ということで、色々と教訓があった。

教訓1:おとりに騙されるな。いいものを持つとさらに上のものが欲しくなるので注意

教訓2:不合理な需要決定。今の消費習慣のはじめを思い出して。そもそも妥当なのか。見直し必要ないのか。

教訓3:0円というだけで飛びついていると本当にいいものを失う

教訓4:お金の話をしたとたんに市場原理が働き自主性や楽しさがなくなるので、使い分け必要

教訓5:興奮しているときは予測以上に自制できないことを自覚するべき

教訓6:無理やりに期限を決めたほうが良い

教訓7:おためしなどの所有意識をかきたてるものは危険

教訓8:「~の場合のために」と考えすぎると、1択集中した時に比べて機会の損失を招いている

教訓9:病は気からというのはなるほど。事前に得る情報によって、味覚や感覚を変えられる

教訓10:人間ズルをしてしまうサガがある。直接現金にからまない場合にエスカレートするので要注意。宣誓などの抑止力。




予想どおりに不合理 増補版
楽天ブックス
商品副データ行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」ダン・アリエリー/熊谷 淳子早川書房この著者


楽天市場 by 予想どおりに不合理 増補版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
早川書房
ダン アリエリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック