国内線乗継は結構楽ちん


屋久島と羽田は飛行機直行便がありません。
鹿児島と大阪から飛行機がでているので、乗り継ぎが必要です。

飛行機の乗り継ぎは初めてでしたが、
結構楽ちんでした。
荷物を勝手に運んでくれるので、
乗り継ぎ地では荷物を気にせず、
ゆっくり楽しめるからです。
今回は鹿児島でゆっくりしました。

出発地で荷物を預けるときに、乗り継ぎの手続きを
済ませる事が必要です。
乗り継ぎ先の航空会社は関係ありません。
今回はANA⇒JALでした。

行きは保安検査場から出ずにゆっくりしました。
鹿児島名物黒豚角煮弁当を食したが旨かった。

帰りは一度鹿児島空港から出て、黒豚を食べたり
霧島観光をしたりしました。
霧島は今龍馬で盛り上がっていました。

お金は高くなりますが、
乗り継ぎ地を楽しむという前向きな心があれば
乗り継ぎも大丈夫ですね。

ちなみに、今回マイルを使っての航空券だったが、

乗り継ぎ地は大阪の方が合計が楽かなと思って今調べましたが、
大阪-屋久島が結構高くなるので、どちらでも同じ値段ですね。
どっちで遊びたいか等で決めればいいでしょうか。

<いっしょにマイル割(JALはおともでマイル割)>
ANA
東京-大阪 10000 mile, 20000円(2人目以降)
東京-鹿児島 10000 mile, 25000円(2人目以降)
JAL
鹿児島-屋久島 10000 mile, 20000円(2人目以降)
大阪-屋久島 10000 mile, 25000円(2人目以降)

<特典航空券で行く場合>
ANA
東京-大阪 12000 mile
東京-鹿児島 15000 mile
JAL
鹿児島-屋久島 12000 mile
大阪-屋久島 15000 mile

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック