Rising East Projectのコンセプト

昨日、もう一度ガイアの夜明けを見返して、
あと、このプロジェクトについて
昨年私が書いた記事も読み返してみた。

http://forthefuture.at.webry.info/200906/article_1.html

よく考えてみると、
東武鉄道の関係者から、「Rising East Project」
「やさしい未来がここからはじまる」などのキーワードが
出てこなかったことに気づいた。

プロジェクトの方針やテーマというのは
どんどんアピールするべきであるので、

わざと言わなかったのか、忘れていたのか
テレビ局からカットされたのか、不明であるが
興味がある。

HPから、Rising East Projectのコンセプトを再度確認した。
http://www.rising-east.jp/project/concept.html
---------------
タワーをつくるだけでなく、「タワーのある町のにぎわい」をつくる。
新しい「コミュニティ」をつくる。

「タワーのある街として新たなふれあいやにぎわいをつくりだす」
ことで、スカイツリーを、
「新しい時代の「コミュニティの豊かさ」の象徴」とする

このコミュニティは、下町情緒と職人精神の伝統を受け継いだ、
やさしさにあふれた未来のコミュニティである。

---------------
観光だけの施設だけでもなく、
ショッピングセンターでもなく、
まったく新しい形の施設になる、

というようなことは課長さんが言っていたな。
そう考えると、
コンセプトの事は伝えているとも考えられる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック