築地駅と新富町駅はかなり近い

画像


有楽町線ユーザーと日比谷線ユーザーは知る人ぞしる、だと思いますが掲題の件、乗換案内の検索にでてこない有楽町線と日比谷線の乗換駅があります。

それは築地駅と新富町駅。
直接つながってないので一度駅から出ないと乗り換えできない、だから乗換案内にもでてこない。運賃も初乗り分が余計にかかる。
時間とお金のどっちを優先するかという判断になります。

有楽町線の新木場方面から上野/北千住方面に行く場合、乗換案内検索では有楽町駅で乗り換えるのが一番早いという検索結果になりますが、実は新富町で乗り換えた方が早くいけます。

またその逆、北千住方面から豊洲/新木場方面に行くときも、一般的には日比谷駅ですが実は築地駅で乗り換えた方が早いです。

ただ、2つの駅の位置が”逆「く」の字型”になっている(図参照)ので、乗る車両とかを意識しより近い出口を選択する必要があります。

日比谷線では北千住寄り(北側)の車両。有楽町線では新木場側(南側)の車両。
出口は新富町駅4番出口、築地駅3番または4番を使います。


今日はかなり久々に昨年3月まで住んでいた足立区西新井に行ったので、帰りはこの方法で乗り換えました!
西新井はあんま変わってなかったです。

この記事へのコメント

@11
2009年12月16日 00:28
築地駅はホームが両端にあり、乗る車両が出口に直結するが、新富町駅は改札階が異なるため、どの車両で降りても同じ場所に行く。よって、車両を選ぶとしたら、「エスカレータに近い車両」の方が早い。

この記事へのトラックバック