2009年7月22日皆既日食

2009年7月22日は日食が見れるそうです。

鹿児島県の奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、種子島南部など、”皆既日食帯”と呼ばれる地域では皆既日食が観測でき、それはなんと46年ぶりだそうです。

次回は26年後の2035年9月2日らしいので、是非見に行くしかない。
ちょっと調べてみたけれど奄美大島の奄美空港はそのまま空港のエリアが皆既日食帯に入っているので、ムードは出ないが、日帰りができるかもしれない。
調べたところ奄美空港へ行く飛行機はJALしかないのが少し残念であるが、是非行きたいので、前向きに検討したいと思う。

なお、関連用語を調べてみた。
日食・・・月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象
金環日食・・・太陽のほうが月より大きく見えるために月のまわりから太陽がはみ出して見えるときの呼び方
部分日食・・・太陽の一部しか隠されないときの呼び方


<皆既日食帯>
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/image/map-japan.jpg
<奄美大島の特集サイト>
http://eclipse722.exblog.jp/
<携帯待受用>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200805%2F29%2F92%2Ff0163692%5F1322985%2Ejpg


09年今世紀最大の皆既日食記念Tシャツ!graniph(グラニフ)屋久島・皆既日食Tシャツ
イキナスマイル
お支払方法、配送方法に関しては こちらをご覧下さい。4月8日発売の「Tarzan」に掲載されました!


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

maro
2009年04月30日 12:42
海外に見に行ったらどぉかな?
@11
2009年04月30日 19:50
>マロサン
海外よいですねーだけど時間と予算のことがあるね

この記事へのトラックバック