披露宴回顧録14[出会いkoso人生no宝]

親族代表謝辞

ここまでくると親の挨拶を心配するというよりは自分の挨拶を目の前に緊張のみとなる。

父はきちんと最後まで喋りきってくれました。改めて感謝です。


そして自分の番。決断が遅いので、マイクを手で持とうか悩み、スタッフがスタンドにセットし終わる頃に「マイク持ちます」といっちゃいましました。

新郎の挨拶は、やはり締めなので重要と思い、一週間くらい前から考えてました。

まずは忌み言葉をチェックし、一通りインターネットを探したりしました。
スピーチ教本とかもありますね。さすがに買いませんでした。
「自分のその日に感じたことを率直にいえばいい」とはよく言いますが、それは口がうまい人の話かと。
才能は努力でカバーするというスタンスなので、おりおり頭の片隅で考えていました。

親への感謝を示すというのを最初に考えていたのですが、それだけじゃないな、と思いました。
生まれてこのかた、多くの人と接してきて、自分は友人に恵まれているとは常々感じていました。
結婚式の準備していると、ほんとに過去を振り返ります。
招待客決めて招待状だしたり、進行決めたり、プロフィールビデオ作ったりしてると過去がフィードバックされてくるようです。忙しくて昔の友達や親戚ともあえないので、やっぱりいいですね。

部活のやつとか不思議と熱いやつが多かった。中学にしても高校にしても大学にしても、前後の学年に比べても皆真面目で仲が良い。
こうも続くとほんとに運命というものに感謝するほかない。

この出会いは自分の自信になっています。

新婦にも、かわいくてよくできた友達が多いなと感じていた。女の友情も熱いんやね。

披露宴を盛り上げてくれた友人や上司のことを見て、ほんとにそうだなと感じました。

そんな全ての人に感謝の言葉を言えるような展開を考えていて、あとは所々その場で感じたことを入れようと思った。
アドリブで出てきた(変えた)のは、
父の挨拶を引用して天気の話したことと、
ホテルのプランナーさんの名前が自然と出てきたこと
でした。
この二つは無意識のうちに入れたくなったのかと思います。

そして後から分かったことですが、友人が披露宴の出欠ハガキに、このスピーチにぴったりのことばを書いてくれていた

「出会いこそ人生の宝」

このスピーチにタイトルつけるならこれだなと思いました。

感慨深かった。


後からビデオで見返したら、言葉のつまりが多くて恥ずかしかったです。

あと、「残念ながら都合で呼べなかった人も含め、皆に感謝する」といった意味のことを言おうと思っていたけどわすれました。
少し残念ですが、気持ちは届いたはずなので良いかな?

そんなこんなで、スピーチも終わり披露宴はなんとか無事終了。

見送り中に友人が胴上げしてくれたので感激した。会場出たとこ(見送り場所)が吹き抜けになっているので開放感があり胴上げにぴったり。
ハイアットリージェンシー福岡、場所にしろスタッフにしろオススメです!
思わず固有名詞出しちゃうほどです。


終了後は衣装室でぐったりなったり、二次会直前に早速けんかもしたけど、二次会三次会、夜中までとことん楽しめました。

朝早い点は皆に悪いかなという気もするけど、その日たっぷり楽しめるって意味では正午の披露宴はオススメです。

今回は先勝やったし丁度よかった。

六輝等含めご検討ください。

二次会のこととかも書いていこうかとも考えましたが
自信がないので一旦締めくくらせていただきます。


徒然お付き合いありがとうございました


この記事へのコメント

maro
2007年07月17日 08:17
おつかれさまでした。結婚式もですがこちらも楽しませて頂きました。本当に良い結婚式だったと思います。二人が良い方々に恵まれている事をうらやましく思う時間でしたよ !! これからもきっと沢山の出会いがあるでしょう。全てを大切にして下さいね。全体を通して…文章うまいねとっても読みやすかった !! 思ったこと感じたことが伝わってきてさすが @11 やなぁ~ King saku も結婚式せんかなぁ…。
@11
2007年07月17日 20:11
>maroさん ありがとうございます。君のコメントのお陰で最後まで書けました。今後ともふたりを宜しくお願いしますm(__)m
さとし
2007年07月18日 23:38
手紙届きました。
お互い頑張りましょう!!
KさんとかOさんもいってました。
@11
2007年07月19日 23:33
>さとしさん コメントありがとうございます。ほんと、お互い頑張りましょう!奥さんに会いたいです

この記事へのトラックバック