披露宴回顧録3[神前式]

5/26 8:30頃

美容着付室入り。紋付へ着替え。全部美容室の人が着替えさせてくれるので赤ちゃんのように何もしなかった

着替えたら、かっこよく髪のセットもしてもらい、かなりキマってきた。
新婦が完成するまでは部屋で待機。かなりボケ~としていた。
新婦の着付が完了すると部屋に呼ばれた。違う人みたいやった。

でもここからが長かった
10時30までボ~ッと待つ。着崩れしないよう部屋で待機やった。
介添人のあいさつ、神前式の説明、電報チェックなどがあった

5/26 10:30頃
神前式開始。着付室からゆっくり歩いて神殿へ。途中親戚のみなさんに初お目見え。あんまりキョロキョロできないかなと思い見れなかったが叔父さんが見つけられず来てないのかと勘違いした。

神殿に入るときなどの二人揃っての礼のタイミングが以外と合わせられず困った。ぶっつけ本番はやっぱり何かと不安があった
転ばず、酒もこぼさず、誓いのことばも間違わなかったので御の字。

この記事へのコメント

maro
2007年06月06日 17:08
15分くらいで着付け終わったでしょ !? maro はチャペル後 和装披露宴入場だったから着替えが忙しかったよ。新婦も髪型とか短い時間で大変そうやったし。新郎はホント待つだけで大変だよね~ そうそう電報チェックで選んでくれてありがと♪ maroの父母って読まれた時はすごくビックリ !? したよ
@11
2007年06月07日 01:08
maroさん
こちらこそ電報をありがとうございました。ご両親にもよろしくお伝えください。
あと、うちらは1回しかお色直しなくしたけど、maroさんのときは多かったからさぞかし大変でしたでしょう・・・いまさらながらお疲れ様でした。

この記事へのトラックバック