スキップサービスと荷物

ANAスキップサービスはお得でかなりよい。


スキップサービスは、事前に決済、座席指定まですませておくと、チケットをもらわずに飛行機までのれるというお手軽なサービス。

荷物検査の入り口にカードリーダがあるのでマイレージカードや二次元バーコードをかざせば通過できるのだ。
今キャンペーン中でスキップサービス使うとマイルがもらえる。
なので毎回当然のごとくスキップサービス使っているのだが、少し気になるところがある。

・・・それは荷物。荷物をあずけるにはチケットがいるのでスキップサービスが使えない。
なのでスキップサービスを使うためには荷物を預けるのを我慢せねばならない。

重いときは荷物を預けたいと思っているがスキップでマイルがもらえるから預けない、としてるひとが結構いると思う。
・・・これはANAが狙っていることなのだろうか?

いや、それは違う。
だって今日も放送で「混雑緩和のため荷物はなるべく預けてください」と言っていたもん。

ANAは荷物を預けてほしいなら、預けた人にマイルをあげた方がいいのではないだろうか?
それとも他にスキップにメリットはあるんだろうか?とにかくスキップがあるのに荷物を預けてくれと言われても困難だと思うので、本当に預けてほしいなら何か改善すべきと思います。

この記事へのコメント

maro
2007年01月05日 16:51
荷物を預ける=業務↑、スキップ=業務↓。預けた場合にマイルを加えるのは矛盾するのではないでしょうか!?マイルは顧客獲得の手段だと思いますし、混雑緩和は当然なので別問題だと思います。マイルの関連会社との絡みや利権があるのではないでしょうか?憶測ですが…
なし
2007年01月05日 19:27
おばかさん(^O^)
@11
2007年01月05日 21:39
スキップ導入によって荷物を預ける人が減り、それが混雑緩和のための荷物を預ける人を増やしたいという希望と相反する、ということが言いたいのです。
別にマイルをあげなくても良いので、他に荷物を預けさせる方法を考えたら良いと思います。

この記事へのトラックバック