プッシュトーク



前回のプッシュトークについて、意味が分からないというご意見をいただいたので補足します。

プッシュトークとは、その名の通り「押してはなす」という(電話、テレビ電話に継ぐ)新しい通話スタイル。
一番のウリは、同時に複数の人と話せるということ。トランシーバーを想像してください。だいたい同じです。
発言権を持ってるひとの声が全員に届くというわけ。発言権を取るためには、プッシュトークボタンを押し続ける必要があります。

なので「押して話す=プッシュトーク」。

この記事へのコメント

maro
2006年12月12日 12:47
PushTalkする時相手がDoCoMoの対応機種かわからない場合は出来ないんですか?調べる方法は聞くしかないの?
@11
2006年12月12日 23:14
一応発信はできますが、通話ができません。相手がプッシュトーク対応かどうかは発信してみて調べるか、聞くしかないということになりますね。
あきくん
2006年12月13日 00:21
ボクも仕事でDoCoMoやってるから分かるけど、
広報部も販売部もプッシュトークを推してないね…。
総合カタログで言ってるぐらいかな??
今は音楽、DCMX、ゲーム、ワンセグ、かな。
でも、案外使い勝手はあるのかな?
あんまり利用シーンが思い浮かばないけど…さ。
@11
2006年12月13日 22:58
そうそう!全然アピールしてないよね?
あれだけ902で苦労して開始したのに・・・・

まだ使い勝手がいまいちで、改善の余地が大きくあるね。
画像とかみんなで見れたりとか、maroさんの言ってるように相手が対応してるかどうかわかるのができたらいいのにな

この記事へのトラックバック